カードローンの申し込み【手続き内容を事前にチェック】

収入がなくても利用可能

男の人と女の人

配偶者などの収入証明書を

主婦でも、定職に就いていて収入があれば、カードローンを利用できます。しかし専業主婦の場合、収入がないため消費者金融系のカードローンを利用できません。なぜなら消費者金融は総量規制によって、融資額を個々の年収の3分の1以内と定められているからです。したがって年収が0円の専業主婦は、必然的に融資額も0円となってしまうのです。しかし総量規制の対象となっているのは消費者金融で、銀行はその対象外とされています。つまり銀行では、年収が0円の専業主婦にも融資することが可能なのです。逆に言えば、専業主婦がカードローンを利用するためには、銀行系カードローンを選ぶ必要があるということです。ただし総量規制の対象外でも、銀行は返済の当てのない人に対して融資はしません。そのため収入のない専業主婦がカードローンの申し込みをする場合には、どうやって返済するのかを銀行に示さなければなりません。たとえば、一緒に暮らしている配偶者の給料明細書や源泉徴収票を提出するのです。そうすれば、配偶者の収入からの返済が可能とみなされて、カードローンの審査に通りやすくなります。銀行の中には、配偶者の収入証明書を提出せずに専業主婦に融資するところもあります。しかしこの場合、融資額が20万円以下と比較的少額に設定されます。そのため多めの融資を希望する場合には、収入証明書を用意することが大事です。もちろん収入を得ている本人の承諾を得てから、提出しましょう。

RECOMMEND POST

Copyright© 2017 カードローンの申し込み【手続き内容を事前にチェック】 All Rights Reserved.